毛皮の種類とそれぞれの特徴

毛皮とひとことで言っても様々な種類があり、それぞれ異なった特徴を持ち、値段にも開きがあります。 例えば、比較的値段が安い傾向にあるのがうさぎの毛皮で、ふわふわとして暖かくて色も豊富なのですが、耐久力が低くて毛が抜けやすいという難点があります。 逆に、イタチの一種であるセーブルの毛皮は、値段が飛び抜けて高い分、色つや、保温性、耐久力とすべての面において優れた性質を持っています。セーブルの近縁種であるミンクも値段は高く、綿毛の密度が高いために保温力に秀でているのが特徴です。昔は濃褐色の毛皮しかなかったのですが、1931年に突然変異のミンクが誕生し、今では40種類以上のバリエーションが楽しめるようになりました。 キツネの毛皮は長毛が中心で特にブルーフォックスが肌触りがよいとされています。また、シルバーフォックスとレッドフォックスも人気が高く、広く流通していています。 その他に毛皮の種類として有名なものとしては羊、アライグマ、ネズミの仲間のチンチラなどが挙げられます。