毛皮はテクスチャにも利用される

毛皮というと多くの場合コートやマフラーなどのファッションアイテムに使われますがそれ以外にもCGや映像素材などのテクスチャとしても幅広く使われています。 毛皮のテクスチャは動物の原皮をカメラやスキャナーなどで撮影しPCなどに取り込むことで出来上がります。特に人気が高いのがヒョウ柄です。ヒョウの毛皮のテクスチャは様々なサイトや毛皮販売店などの見本として使われるので多くの人に知られているものでもあります。これ以外にも馬やタヌキに狐などの毛がテクスチャとして採用されることも多く実に様々な動物から作られます。毛皮のテクスチャのモデルになる動物は同じ養殖場で育った動物の中でもとりわけ毛並みが美しく艶があり健康状態の優れた個体がモデルになります。これらの個体ではテクスチャに採用する際にもデジタル加工なども施す必要がなく取り込んでそのまま素材として使うことができるので手間がかかりません。毛皮にはファッションだけではなくIT分野での需要もあるのです。